看護師

初期症状を知って対策

休息を取っているのに身体がだるいと感じる機会が増えたり、頻繁にトイレに行きたくなるなどの症状が増えている場合は糖尿病の初期症状の可能性があります。軽い運動をしたり、カロリーを計算して食事をするなどの予防策を行う事が大切です。

ハート

事前に病院を決めておこう

梅田には多くの病院がありまして、診療科目として内科がある病院はとても多いです。風邪等の症状で利用する場合は、評判の良いところで診てもらいましょう。実績を積み上げていて丁寧な診察をしてくれるところがベストです。

カウンセリング

がん治療の新たな可能性

免疫療法とは、人間本来の免疫力を高め、がんと闘う力をつけさせる治療法です。体にもともと備わっている天然の力を利用するため、体への負担が少ないことが特徴です。従来の治療法と合わせることで、より大きな効果を期待することもできます。

病院

自分で治療を選ぶ

転移がんがあると末期と思われがちですが、医療の進歩により克服している人もいます。抗がん剤での治療がメインになりますが、新しい抗がん剤が次々と登場しています。自分に合う薬剤が見つかれば克服する事が出来ます。

ドクター

どんな自覚症状か

糖尿病は自覚症状が出にくい病気です。自覚症状が出た時には、病気が重篤化している場合があります。初期の症状としては身体がだるいと感じたり、ご飯をしっかりと食べているのに痩せていったりします。基本の治療は運動療法と食事療法になります。

心の準備をしておく

医者

精神面のケアも大切

年齢を重ねるとどうしても病気のリスクが上がってしまうでしょう。アルツハイマーなどの記憶障害が起こる病や、がんといった悪性腫瘍が体を蝕んでいく病気など様々なものの発症リスクが高まります。薬やリハビリなどをして病気を良くしていくことはできることもありますが、一番は初期症状に気付いて早期に治療を開始することでしょう。進行してから治療を受けるのと、初期の時に受けるのとでは効果の現れ方は違ってきます。特に、がんというのは発症した人によって進行度合いなどが変わってきます。一度手術をして取り除いたとしても、今度は別の臓器に発症することも十分にあるのです。これを転移がんと呼び、特徴としては血液やリンパに入り込んで、その流れにのって別の臓器や器官に移動し増えていきます。転移がんが発症しやすい場所は、リンパ節や肺、脳や骨など血液の流れが豊富な場所です。がんの種類によっては転移について早めに診断して治療したり、小さな転移があるものと想定して可能性を減らしたりすることは有効です。しかし、転移がんを完全に防ぐことはできません。そのため、もしがん治療を進めて行く際には転移がんになることもあるというように心の準備も必ずしておくようにしてください。転移がんでも発見が早ければ根治が期待できますが、中には根治はほとんど望めない場合もあります。そうなれば、症状を和らげたり進行を抑えたりすることを目的としてた治療へ転換していきます。この考えは非常に不安や苦しみを生む場合が多いですが、しっかりとこれからの治療や療養生活について考えていく必要があります。そのためには内科や外科の担当医や看護師というのは支えになってくれます。希望があれば肉体的な治療だけでなく、精神科や心療内科で精神的な治療を行うこともできるので、心が苦しいと感じたら専門医に相談してみましょう。病は気持ちがネガティブになるほど進行しやすくなるので、前向きにがんと闘う姿勢が大事だといえます。たとえ根治が難しくとも、進行や症状を抑えて楽しく生活している人はたくさんいるので、あまり悲観的にならないようにしましょう。